社員を雇ったらご相談下さい!!さいたま市にある社労士法人Nice-One

2018-06-01

さいたま市大宮区さいたま新都心駅より徒歩8分)にある社会保険労務士事務所

社会保険労務士3名、行政書士1名、キャリアコンサルタント2名(平成30年5月現在)合計10名でお客様のご支援にあたっております。

本日は社員を雇ったら何が必要なのかについてお伝え致します。

労働者名簿と賃金台帳の備え付け

従業員を雇ったら、労働者名簿の備え付けが必要です。
労働者名簿とは氏名、生年月日、住所、雇入年月日なとの情報を記録します。
また賃金台帳も備え付けも必要です。
賃金台帳とは賃金額や賃金の計算の基礎となる労働日数、労働時間などの労務管理の記録です。
この労働者名簿や賃金台帳は、例えば労働基準監督署が調査に入ったときに提示を求められたり、労働災害が発生した場合の手続きの際に必要となることがあります
blog-writing20180525

労働者名簿・賃金台帳に記載する事項

労働者名簿に記載する事項

①労働者の氏名
②生年月日
③性別
④住所
⑤従事する業務の種類(労働者数30人以上の場合)
⑥雇入れ年月日
⑦退職の年月日ちその事由(退職の事由が解雇の場合はその事由を含みます)
⑧死亡の年月日とその原因
⑨履歴
 

賃金台帳に記載する事項

①労働者の氏名
②性別
③賃金計算期間
④労働日数
⑤労働時間数
⑥時間外労働時間数・休日労働時間数・深夜労働時間数
⑦基本給、手当その他賃金の種類ごとにその額
⑧賃金の一部を控除した場合はその額
 

労働者名簿・賃金台帳の管理の留意点

①労働者名簿や賃金台帳は、事業所ごとに作って下さい。
②労働者名簿は労働者の死亡・退職・解雇の日から3年間、
 賃金台帳は最後の記入の日から3年間保存してください。

労働保険の手続きなど依頼するならさいたま市にある社労士法人Nice-One

労働保険の手続きを依頼するならさいたま市大宮区 さいたま新都心駅徒歩8分に事務所を構える社会保険労務士事務所Nice-Oneをぜひご検討下さい。

さいたま市大宮区のみではなく、関東圏内対応可能でございます。ぜひご興味ございましたら、1度ご連絡下さいませ。

担当の社会保険労務士、人事コンサルタントがお伺いし、詳しくお話を伺わせて頂きます。

Copyright(c) 2011-2015 Nice-One All Rights Reserved.