さいたま市 給与計算アウトソーシングなら顧客信頼度が高いNice-One

2018-05-17

さいたま市大宮区(さいたま新都心駅より徒歩8分)にある社会保険労務士事務所

社会保険労務士3名、行政書士1名、キャリアコンサルタント2名(平成30年5月現在)

合計10名でお客様のご支援にあたっております。

社員10名のうち6名でお客様の給与計算アウトソーシングにあたっています。

今日はなぜお客様から信頼度を勝ち取っているのか書かせて頂きます。
 blog-writing20180517

特徴① 担当者が必ずヒアリングに伺います。

給与計算のアウトソーシングを頂いた場合、私どもさいたま市にあります社労士法人Nice-Oneでは必ず給与を担当する社員が御社の給与担当者と打合せをさせて頂いております。
やはり顔を知っているのと知っていないのでその後の対応に差が出てきます。
お互いにクレームではなく言いたいことがはっきりと言える関係を皆様方と当事務所で築いていきたいと考えているからです。お客様からも顔を知っているから頼みやすいという声を頂きます。

特徴② 給与担当者誰でもわかる組織作り

さいたま市にあります私ども社労士法人Nice-Oneでは以前は担当者制で行なっておりました。現在はそれを撤廃し、給与担当者なら誰でもわかる、共有していくチームを構築しております。これはお客様にとって利点があります。給与時期になるとご依頼頂いている経営者様や給与ご担当者様からから変更点や訂正の依頼、進捗の問合せなど、多くの電話がかかってきます。皆さまは忙しい仕事の合間を縫ってお電話頂くのですが、担当者制ですと、担当者が不在の場合や休憩時間などでお繋ぎできない場合がございます。
部内の誰でもわかるシステムを構築しておけば、誰に電話頂いてもわかるようにすることができます。
電話の二度手間を防ぐことができ、対応をスムーズに行うことができます。

特徴③ ダブルチェック制度の導入

給与計算はとても気を遣う仕事です。給与計算に従事している担当者様からよく聞かれる声でございます。
給与とは従業員が1ヶ月間頑張ってくれた成果を対価として支払う、感謝の気持ちを表す方法です。
そのためお互いがシビアになる点でもあります。
チームで行うからこそできる1人ではなく2人以上のチェック体制を導入しています。
給与計算は全てソフトなどで出来れば良いのですが、実はそういう訳には行かず人の目でチェックをしていく必要があります。これが給与担当者の一番に負担になってしまっている点ですが・・・
弊社では給与計算を受注させて頂くと1人の担当がその月は担当致しますが、他の担当が必ず再度目を通し、漏れや過不足、料率の変更などしっかり対応しているか確認をしております。
これは実は特徴②であげたチーム体制だからこそ出来ることなのです。
担当者制になってしまうとその会社ごとの小さな決まりが共有できず、どうしてもチェック体制が取れずにいました。
担当者ベースで給与計算を行っていたため些細なミスもあり、お客様の信頼を損ねてしまったケースもございました。
そのため現在はお客様に信頼して頂ける組織作り、ダブルチェック制度を導入しております。

給与計算アウトソーシングをするならさいたま市社労士法人Nice-One

私ども給与計算アウトソーシングするならさいたま市大宮区 さいたま新都心駅徒歩8分に事務所を構える社会保険労務士事務所Nice-Oneにお任せ下さい。

さいたま市大宮区のみではなく、関東圏内対応可能でございます。

ぜひご興味ございましたら、1度ご連絡下さいませ。

担当の社会保険労務士、人事コンサルタントがお伺いし、詳しくお話を伺わせて頂きます。

給与計算のアウトソーシングをご検討の事業所様、人事評価制度でお困りの事業所様、社員の定着が悪くお困りの経営者様どんな小さなことでもご相談に対応しておりますので、どうぞお気軽にご連絡下さいませ。

Copyright(c) 2011-2015 Nice-One All Rights Reserved.