中小企業を守る「就業規則」入門セミナー(2013年3月12日開催【さいたま市】)

2013-02-28

中小企業を守る「就業規則」入門セミナー

~労使紛争激増時代到来!最新事情に適した重要項目10個条を徹底解説~

このセミナーでは、「中小企業のための就業規則の作成のポイント」を学ぶことができます。

【3月12日のセミナーはこんな方にお勧めです!】 

☑ 必ず就業規則で規定しておくべき重要項目を確認したい事業主様
☑ 従業員数200人までの企業様向け就業規則の作成ポイントを知りたい事業主様
☑ 就業規則を変更するにあたっての注意点を知りたい事業主様
  →セミナー終了後にご質問を徹底的に承ります。

 

 【日時・会場】

 ■日  時 平成25年3月12日(火)   18:00~20:30

■≪会  場≫

埼玉県男女共同参画推進センター内セミナー室4(JRさいたま新都心駅より徒歩約5分)さいたま市中央区新都心2-2 (ホテルブリランテ武蔵野の4階になります。)

※お車でお越しの方は会場地下の駐車場(有料)又はお近くのコインパーキングをご利用ください。(案内資料でご案内します。)

■≪講  師≫   社会保険労務士 中山 伸雄
 
■≪受 講 料≫   2,000円(1社2名様まで左記料金で参加可能です。)
             ※当日受領し、領収書を発行します。

■≪申込方法 (HPからの申し込み又はお電話でお受付します。)≫
 ①HPからの申し込み
  「講師からのメッセージ」の下にある黄緑色の「参加申し込みフォーム」のタグ
  をクリックし、お問い合わせフォームからお申込ください。
      受付が確認できましたら受付確認メールをお送りします。

 ②お電話でのお申込み
  『03-5259-8329』までお電話ください。
  (平日9:30~18:30まで受付) 

【内容】

年々増加する労務トラブル、行政で把握しているだけでもここ10年で2倍近くの件数にのぼっています。労務トラブルが起きると、人事担当者は本業に集中できず、その金銭的・時間的コストは多大なものになります。しかし、トラブルの多くはきちんとした就業規則があれば、未然に防ぐことができます。このセミナーでは、中小企業が定めておくべき特に重要な10のポイントを、事例を交えながら分かりやすく解説致します。

1.採用時のトラブルを防止するための規程例と労働契約書とは
2.能力不足の社員に対応するための試用期間の規程とは
3.固定残業代の導入方法 (近年トラブルが増加している残業代対策)
4.効率的に有給管理を行うための裏ワザ規程とは
5.見直し必須!急増中のメンタルヘルス対策規程とは
6.このような記載方法は危険!懲戒処分と懲戒解雇の規程例
7.会社秩序を維持するための服務規律の規程例
8.改正労働契約法で登場。「無期契約転換社員」に対応する規程とは
9.問題社員を退職させるための方法と、解雇の規程とは
10.その他、必ず定めておくべき重要ポイントの説明

【講師からのメッセージ】

これまで、様々なお客様と労務トラブル相談や就業規則作成、その他人事・労務の相談に対応させて頂きましたが、改めて労務管理の重要性を痛感しています。
本セミナーは、2年間にわたり20回以上行ってきた経験や参加者の声から、経営者、人事担当者にとって、特に準備しておいてもらいたい重要なポイントを2時間でまとめあげた内容になっています。

昨今、労務トラブルが増加している背景は、労働者自身が法律に詳しくなっていることに加え、事業所がしっかりとした防衛策を準備していないことが大きな要因です。
大切な人材を守るためにも、会社を守る術を、一緒に考えていければと思っています。
よりよい会社運営を確立させるためにも、是非本セミナーにお越しいただければ幸いです。

ご参加を心よりお待ちしております。

              中山社会保険労務士・FP事務所  代表:中山伸雄

 

【3月12日】下記のフォームよりお問い合わせください。

会社名
役職
お名前
ご住所
電話番号
メールアドレス
従業員数
業種
お問い合わせ内容

セミナー参加希望の方は、下記の情報について必ずご入力ください。

参加人数(2名まで)
参加者名
本セミナーで解決したい課題がありましたらお聞かせ下さい。
Copyright(c) 2011-2015 Nice-One All Rights Reserved.